2016年は「スズキ」の年になるのか!?カスタムカーぞくぞく!

東京オートサロン2016(開催期間:2016年1月15日~17日)が
俄然注目を集めてきた。

2016年に入ってからの自動車メーカーの動きが顕著になり
各メーカーも新型車を投入!

注目はうなぎのぼりである。

btn046_04

その中でも元気なのが「スズキ」である。話題に事欠かない。

スズキは2015年12月25日にオートサロン2016への出展概要を
発表した。

目玉となるのは3車種。

「イグニス ウォーターアクティビティーコンセプト」
「ハスラー ラフロードスタイル」
「アルト ワークス GP」

である。いずれもカスタマイズモデルとなるがどれも
注目度が高い。

とくに「イグニス」などは前評判も高く注目を集めるだろう。

各車の概要は次の通りとなる。

【イグニス ウオーターアクティビティーコンセプト】

001

※http://www.webcg.net/articles/-/33781より引用

ベースとなる「イグニス」は東京モーターショー2015に参考出品され
大変注目を集めた車種である。

今回のカスタマイズは水辺のアクティビティーを好むユーザーをメインに
実施されている。

エクステリアも車体色「マットカーキメタリック」に合わせるように
各所アクセントカラーとしてオレンジを採用している。

このアクセントの使われ方がスタイリッシュでありよく似合う。

インテリアにもイメージに合わせてオレンジとカーキの専用カラー
を施している。

イグニスは非常に注目度が高い。期待の一台になるであろう。

【ハスラー ラフロードスタイル】

002

※http://www.webcg.net/articles/-/33781より引用

今回のカスタムイメージはロッククライミングを代表とした
アウトドアレジャー使用に特化したものとなっている。

車体色も明るい「アクティブイエロー」をベースにしており、さらに
オリジナルデカールで身を飾っている。

インテリアに目を向けるとオリジナルロゴが施されている。

シートやインパネにも採用されていて徹底したイメージ車を演出している。

ハスラーは女性にも人気のある車種だ。ここにアクティブなイメージを
チョイスしてみたようだ。

【アルト ワークスGP】

003

※http://www.webcg.net/articles/-/33781より引用

アルト ワークスは以前、記事にも書いてある車種であり、よりスポーティを
強調された車種である。

今回の展示に向けてはFIMロードレース世界選手権(MotoGP)に参戦する
「チームスズキ エクスター(Team SUZUKI ECSTAR)」のワークスマシンを
イメージしたカスタマイズモデルを全面に打ち出していてよりスポーティな
イメージ戦略をとっている。

カラーリングはMotoGP参戦車両を意識していて、車体においてはカーボン製の
ボンネットを採用している。

もはやスポーティーではなくレーシーをイメージしていると言える。

これは非常に格好いい!!おいくらかしら?
こっそりエンジン周りや給排気系、足回りも改良されているのではないかと
思わせる。

この他の車両では
新型「エスクード」
新型「ソリオ バンディット」
新型「アルト ワークス」
「イグニス」(参考出品)
「ハスラー」
「スペーシア」
などが展示会場を彩る。

とにかく元気な「スズキ」である。今年は「スズキ」の年になるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です