喉が乾燥するので加湿空気清浄機/空気清浄機を調べてみた!

今年は暖かい冬となり、また、それほど乾燥している

というわけではありませんが(地方により異なる)

私の喉は今年も乾燥しており朝などかなり辛い日々を

送っています。

 

ストーブにやかんを載せたりしていますがそれでも

寝るときなどはストーブを消さないといけません。

 

そして朝、喉の咳き込みが酷くなります。

 

そこで加湿機でなにか良いものはないかと探していたところ
ありました!

シャープの加湿空気清浄機/空気清浄機【KC-D70】です。

001

002

※http://www.sharp.co.jp/kuusei/products/kcd70.htmlより引用

 

早速製品の情報を収集してみますと、プラズマクラスター

なるものが付いています。

 

これは空気の汚れを浄化するためのもののようです。

 

消臭では付着した匂いも分解するようですね。

 

また、美容効果としてお肌にツヤを与えるようです。

 

なかなかの機能ですが湿度管理はどうなのか、調べていくと
“みはり機能”なるものがついています。

これは

「お部屋の温度、湿度をセンサーがみはってお知らせ、みはり機能」

と言うものらしいです。

 

これは寝ているときに役立つのではないか?

 

さらに調べると冬のウィルスが生存しやすい温度と湿度をみはって
お知らせするするようで自動でプラズマクラスターと加湿を

強化するようです。

 

喉の乾燥だけでなく風邪ウィルスにも効果がありそうです!

 

実際の加湿はどうなの?と調べると加湿も本格的で

「綺麗な水で加湿、Ag+イオンカートリッジ」なるもので

タンクキャップに簡単に装着できるようです。

 

さらにタンクやトレーのヌメリや匂いの元となる菌を自動除菌

するようで常に清潔に保つことができるようです。

 

使いやすさはどうなんでしょう。

・お掃除の時移動が楽にできるストッパー付きキャスターがあります。
・給水やお手入れが簡単にできる、給水タンクが付いています。
・形状がコンパクトなのか壁際にすっきり設置できるようです。
・お休み時にも使える、静音設計のようです。
・さらに節電&省エネ対応みたいです。

なかなかの製品のようです。

 

ためしに調べたアマゾンでも高評価で人気があるようです。

 

口コミもなかなか良好で特に不満はないようですね。

 

デザインもすっきりしていてなかなかお洒落です。

 

今回は、冬の加湿を目的に調べてみましたが夏の空気清浄にも
もちろん役に立つようです。

 

一年中使用可能ということですね!

 

後は・・・お値段ですね!これはネット通販、家電ショップなど
色々検討するところでしょう!

もちろんお財布と要相談ですね!

トヨタのレーシング仕様「S-FR」をオートサロンでチェック!

「東京オートサロン2016」が1月15日(金)~17日(日)にかけて

千葉県千葉市の幕張メッセで開催される。

トヨタ自動車はこれに「TOYOTA GAZOO Racing」として出展を予定。

出展されるのは第44回東京モーターショー2015にて同社から出展された

コンセプトカー「TOYOTA S-FR」を改良したレーシング仕様車

「TOYOTA S-FR Racing Concept」!

001

 

002

※http://news.walkerplus.com/article/69583/image389951.htmlより引用

 

写真を見る限りでは精悍なフェイスでありまさにレーシング!
後ろから見ると大きく張り出したオーバーフェンダー!
トヨタが懸ける意気込みが伝わってくる。

他に“G’s”のコンセプトカー「VOXY G’s Concept」、「NOAH G’s Concept」などを

展示する予定だ。

 

「TOYOTA S-FR Racing Concept」のコンセプトとしては運転者の意のままに反応し、

日常運転においても車との対話を行える・・・そんな操る楽しさを念頭に置き、

これをエントリーモデルに追い求めたモデル「S-FR」をベースにして、

さらに新化させ、サーキットにおいても高い能力を発揮するために

新たに大きく張り出したオーバーフェンダーやエアアウトレットを大胆に

配置したエンジンフード。

大型エアロパーツにおいてはフロントアンダースポイラーやリヤスポイラー、

カナードを大胆に装着!

 

これによりスタイリッシュ&スポーティなスタイルを実現している。

まさにトヨタが提案する「S-FR」の新たな世界だ!

 

第44回東京モーターショー2015に出展された時、実際に市販されるかどうかは

微妙であり市販までには至らないであろうとの大方の意見であったが今回の

意気込みからどうなるかは分からない状態になった。

 

この「TOYOTA S-FR Racing Concept」意外にブースに目を向けると

“新スポーティミニバンの提案”をキーワードにコンセプトカーとして

ヴォクシーに「VOXY G’s Concept」、ノアに「NOAH G’s Concept」を

ラインナップしていてミニバンにも力が入っているのがわかる。

 

また市販車ではないがニュルブルクリンク24時間耐久レースの歴代参戦車両、

2015年にFIA世界耐久選手権(WEC)や全日本ラリー選手権で活躍した

車両なども展示される。

 

トヨタがモータースポーツに力をそそいだ名車ぞろいで目移りすることまちがいなしだ!

「東京オートサロン2016」のトヨタブース「TOYOTA GAZOO Racing」に今から期待大だ!

「S-FR」はぜひとも市販化してほしいところである!

対抗車種はもちろんマツダの「ロードスター」、ホンダの「S660」になるのではないか!

今年は各社のスポーティ車の動向に目が離せない!!

カシオがアウトドア向けAndroid Wear搭載スマートウォッチ「WSD-F10」を発表!

カシオからタフネス仕様のAndroid Wear搭載

スマートウォッチ「WSD-F10」を発表された。

001

※http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20160106_737697.html?ref=
garank&utm_content=rsky-pc-content&utm_campaign=garank&utm_source=
www.watch.impress.co.jp&utm_medium=content-textより引用

 

発表は米国ラスベガスで開幕するコンシューマエレクトロニクス展示会

「CES 2016」の開幕前プレスカンファレンスで行われた。

 

お値段は米国では500ドルで発売。日本では3月下旬に発売予定で

価格は7万円になる予定だ。

 

色はブラック、グリーン、オレンジ、レッドの4色がラインナップ。

 

スマートウォッチの用途としては山登りや、釣り、サイクリングなど

アウトドア向けである。

 

機能はなんと米国の軍用基準であるMIL-STD-810に準拠している。

もちろん防水機能も十分であり50m防水を確保。

 

さらにGPSを活用することにより山の地図など色々な

Android Wearアプリを利用できる。

 

また気圧、気温、コンパスなどの各種センサー類も装備されている。

これにより登山家などに喜ばれそうな日の出や日の入り時刻なども

確認することができる。

 

用途はこれだけではなく、フィットネスアプリのRunkeeperを使うことで
サイクリング、ランニング、ウォーキングなどの運動にも

対応することができる。

 

まさにアウトドア専用のスマートウォッチと言えそうだ。

 

機能的には対応アプリしだいで家事などにも利用できるかもしれない。

 

連携できるスマートフォンはAndroid 4.3以降と、

iOS 8.2以降(iPhone 5以降)となる。

 

この他の機能としては、カシオ製の分離型カメラ「EX-FR100」を

「WSD-F10」から操作することも可能。

 

今後「WSD-F10」から操作可能になる製品が増えるかもしれない。

 

代表的な製品性能としては
・ディスプレイはデュアルレイヤータイプを採用し時計用の

モノクロ液晶とアプリ用のカラー液晶の2層を持つ
・カラー液晶の解像度は320×300ドット
・装備されている通信機能は、Bluetooth 4.1とWi-Fi(IEEE 802.11b/g/n)
・操作性においては大型ボタンが装備されていて手袋をつけたまま操作可能
・バッテリーの持続時間(目安)は通常利用で1日以上、時間表示のみは

1ヶ月以上となる
・充電時間は約2時間
・外形寸法(ボディのみ)縦×横×厚さはそれぞれ 61.7×56.4×15.7mm となる。
・重量は約93g(バンドも含む)

 

見た目もおしゃれであり高機能である。

しかもアウトドアを想定しているため耐久性も確保されているだろう。

 

趣味がアウトドア派の方にとっては気になるウォッチであるかもしれない。

スズキから「アルト ワークス」が発売!すべてが専用仕様で身を固める!

スズキから12月24日に軽自動車「アルト ワークス」が
発売されました!

アルト ワークスは「アルト ターボRS」をベースに
開発され、専用開発の5速マニュアルトランスミッションを
設定しており、足回りも専用にチューニングがされています。

また専用レカロシートも標準装備!!

気になるお値段は5MT車も5AGS車も共通になっていて、
FFが150万9840円、4WDが161万7840円となります。

アルト ターボRSに5MTがなかった為、嬉しいかぎりです!!

しかもレカロシートが標準装備でレーシングマニアには、
嬉しい仕様となっていますね!

001

004

003

002

※http://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20151222-20102706-carview/より引用

 

「アルト ワークス」のネーミングには長い歴史があり
1987年(2代目)~2000年(5代目)にかけて歴代「アルト」に
設定された高性能グレードの名前です!

その「アルト ワークス」の名前が復活したことは
ファンにとってはうれしいかぎりではないでしょうか!?

もちろん開発はマーケットの期待に答えようと極秘裏に
進められていたようです。

 

◆専用開発された5速マニュアルトランスミッション!

もっとも注目されるのはターボRSには設定がなかった5速MTと
なるでしょう。

仕様はショートストロークタイプで、1~4速をクロスレシオ化、
2速にはダブルコーンシンクロを使用しているようで、
ベースとなったのは標準モデルが使う5速MTを新規開発部品を使用して
アルト ワークスの専用開発となっているようです。

気持ちのいいシフトワークが期待されます!

では、ATは標準品かと思われますがそこはきちんと専用開発された
ようでシングルクラッチ式ATのAGSも変速マップが変更され、
変速スピードも最大10%の短縮となっているようです。

 

◆ワークス専用チューンが施されたエンジンや足回り!

ワークスに搭載されるエンジンはターボRSとほぼ同じとなりますが、
ECUをチューニングしていて最大トルクが2Nm増加しているようです。

これに合わせてのエンジン仕様に合わせるように
冷却系サーモスタットの開弁温度が下げられました。
また冷却用のダクトがバンパーに追加され、さらにアクセル操作の
レスポンス遅滞が10%短縮されたようです。

馬力は64psと最高出力は変わらないようです。

足回りは専用サスペンションが設定されているそうです。

前後とも減衰力が最適化された専用タイプのショックアブソーバー、
制御マップを変更された電動パワーステアリング。

ホイールは同じ15インチでありながら、リム幅を拡大されたENKEI製を
採用している(15×4.5J→15×5J)。

 

◆専用装備されたインテリア&エクステリア!

インテリアも専用装備され仕様が変更されていて、
前席に専用開発のレカロシートを装備、5MT車専用フロアシフト/
5AGS車専用インパネシフト、また本革巻ステアリングホイールや、
ステンレス製ペダルプレートなどが専用装着となります。

エクステリアではブラックメッキされたヘッドランプ、
サイドパネルや前後バンパーにも専用のアクセントが入っています。
ホイールも専用にブラック塗装が施され、ブレーキキャリパーも
レッド塗装の専用となっているようですよ!

細部に至るまで専用にチューニングされた「アルト ワークス」!
その名前にふさわしい仕様となっています!!

 

 
◆スペック
【 アルト ワークス 】
全長×全幅×全高=3395mm×1475mm×1500mm
ホイールベース=2460mm
駆動方式=FF/4WD
車両重量=670kg(FF・5MT)、690kg(FF・5AGS)、
720kg(4WD・5MT)、740kg(4WD・5AGS)
エンジン=658cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力=47kW(64ps)/6000rpm
最大トルク=100Nm(10.2kg-m)/3000rpm
トランスミッション=5速MT/5速AGS(シングルクラッチ式AT)
タイヤサイズ=165/55R15

JC08モード燃費=23.0km/L(FF・5MT)、
23.6km/L(FF・5AGS)、22.0km/L(4WD・5MT)、
22.6km/L(4WD・5AGS)

使用燃料=レギュラーガソリン

車両本体価格=150万9840円(FF)、161万7840円(4WD)

あらためて新型ロードスターの魅力を考えてみた!!

2015年は日本においてのオープンスポーツカーの
当たり年と言えそうです。

代表的なものとしてホンダの軽オープン
ミッドシップの「S660」に始まり、ダイハツからは昨年発売となった
FFのコペンに丸目デザインである「セロ」を追加しました。

そしてオープンスポーツカーとしてもっとも有名なマツダの
「ロードスター」が10年振りにフルモデルチェンジとなりました。

この4代目となる新型ロードスター。

001

002

003

※http://autoc-one.jp/news/2488556/より引用

 

もうオープンスポーツカーとしては知らない人はいないと
思われるほど知名度が高く代表的な1台といえるでしょう。

ボディカラーも見事でありソウルレッドが似合う精悍なデザイン。

かっこいいと言うより美しいと言わざるを得ないと思いますね!

最大の特徴は、ボディとエンジンのダウンサイジングと軽量化に
あります。

初代ロードスターと比較すると全長はより短くなりNAのまま
小排気量化、そして初代以来の車重1tを切ったことでしょう。

マツダが長い年月をかけ追い求めてきたコンパクトFR
オープンスポーツが新型ロードスターで実現したのです。

◆ボディのダウンサイジングとエンジンの軽量化で理想の走りを実現!

新型ロードスターは、ボディのダウンサイジングとエンジンの軽量化を
行うことで理想の走りを追求しました。

全長は先代のロードスターより105mmも短縮されるとともに
エンジンにおいてはNAのままでありながら500ccも縮小され
1500ccを採用されています。

さらに高回転型にチューンされたエンジンに加え、専用設計となる
縦置き6MTと6ATを組み合わせた仕様となっています。

足回りであるサスペンションにおいてはフロントダブルウィッシュ
ボーンとリアマルチリンクを採用。

このエンジン、ミッション、足回りにより軽快&爽快なドライビングを
実現しているのです。

この新型ロードスターの車重も走りにも貢献していると
言えるでしょう。初代以来の1t切りを達成!

軽量化はあらゆる部位が対象となり行われてきましたが
驚くべきは幌の仕上がりです。

運転席に座ったままの状態で片手で開閉することが可能であり、
軽く、また操作性においても十分すぎるほどの機能であると
言えるでしょう。

リアウィンドウにおいては重い反面視界良好なガラス製を採用!
リアの視認性を格段に向上したと言えるでしょう。

◆ロングノーズ・プロポーションが新たなシルエットの決め手!

新型ロードスターの特徴として上げられるのはそのデザイン!

「シンプルで明快」「情緒的で表情豊か」な魂動デザインの
両立しています!

デザイン陣がもっとも重要視したのは、ボディを
ダウンサイジングする中で

「ロードスターらしさを追求して、魂動デザインを深化させる」

という難しい命題に挑むことであったと言われています。

精悍なハンサムフェイスを採用されたフロントマスク。
見る角度によって、異なる表情が現れてきますね。

ただ問題になったのが全長を短くするため、先代の
デザインをを継承するだけでは弱々しくなったそうです。

そこで開発モデルのAピラーを試行的に前後に滑らせたと
ころ、70mm後退したところに新たなプロポーションを発見
したそうです。

デザイン陣の努力と新型ロードスターにかける意気込みを
感じさせられますね!

ダイナミックな曲面と艶やかなリフレクションを駆使して
表現された新型ロードスター。

あらためてその魅力を考えさせられます!!

トヨタ自動車が本気でコンプリートカーを生産!

トヨタ自動車がコンプリートカー『86 GRMN』の
商談申し込みを、2016年1月4日から22日まで、
Web限定で受け付けるそうです。

このコンプリートカー『86 GRMN』はトヨタGAZOO
レーシングが開発したようでなんと100台限定で発売
とのこと!

受付後、抽選の上、2月1日から発売されます。

価格は648万円!!

トヨタ86GRMN

※http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20151221-00000026-rps-indより引用

 
気になる『86 GRMN』の性能情報ですが、
ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦で培った
技術をフィードバックしており仕様は2シーターの
高性能モデルとのことです。

今回の発売用に給排気系の変更を行うとともに
エンジン内部のパーツの低フリクション化を実施。

これによりエンジンの応答性を飛躍的に向上している
とのこと!

またクロスレシオの6速MTと組み合わせることにより
車のもつ性能を最大限にいかした走りを実現したそうです。

まさにレーシングマシンが公道に舞い降りることに
なりそうですね!
さらにCFRP素材のエンジンフードやルーフパネルと
トランクリッド、クォーターウインドウの採用、
ポリカーボネート製のリヤウインドウなどの
徹底した軽量化と低重心化を実現!!

ボディ剛性は補強材を追加することにより飛躍的な
向上を行うとともに、足回りであるサスペンションを
専用にチューニング!
ブレーキ性能の強化や前後異径タイヤの採用など

「走る」「曲がる」「止まる」

の3つの点においての基本性能の向上を極限まで
追求したようです。

スペックだけでもまさにレーシング!というに相応しい
内容であることがわかりますね!

デザインにもこだわっていて、空力性能に考慮した形状と
なっているようであり、フロントスポイラー&
バンパーサイドフィン、CFRP製大型リヤスポイラーなどの
各種エアロパーツを、徹底的に改善!

これによりスポーティ感のなかに力強を大胆に表現している
ようです。

内装においては専用スポーツシートの採用、
ステアリングの小径化など機能的な部分を追及すると
ともにドライバーの操作性を考慮した作りとなっています。

ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャイン1色と
なるそうで内装色はブラックを基調としています。

まさにコンプリートカーと言うに相応しい内容ですね!

生産は、元町工場の専用ラインを使用し、「匠」の技能を
有する従業員が組み立てるそうであり一台一台手作業に
より製造されるようです。

フェラーリなどに共通するものがありますね!

お披露目は2016年1月15日から17日の3日間、
幕張メッセで開催される「東京オートサロン2016」に出展を
予定しているそうです。

気になる方は足を運んで直に見てみるチャンスです!