ニコンからDXフォーマットの最上位モデルの「D500」が出るぞー!!

2016年1月6日、新年早々にニコンからデジタル一眼レフカメラ

としてはDXフォーマット最上位機種となる「D500」が発表された。

001

002

※http://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/737/699/html/01.jpg.htmlより引用

プロ向けとして発売されていたD5からAFシステムを受け継いでいるのに
加えBluetoothによるスマートフォンなどとの常時接続も行える仕様だ!

予定発売日は3月になりそうである。価格はオープン。

これから推測するに店頭予想価格はボディ単体で約26万円前後、
D500 16-80 VRレンズキットが約34万円前後になるだろうとのことだ!
(いずれも税込み価格の親切情報だ!)

正式発表されたのはラスベガスで1月6日に開幕となるCES 2016。

これに先立ち行われたプレス向けの発表会において「D5」と供に
発表されたようである。

ニコンは2009年に「D300S」を発売しているがその後後継機種の
発表はされていなかったが、今回の発表によりDXフォーマット
最上位モデルが復活することとなる。

「D500」は同時発表された「D5」とAFなど共通点が多いため
以前の「D3」と「D300」と同じような位置付けの製品であると
思われる。

性能について分かっていることを解説すると

・撮像素子は有効2,088万画素CMOSセンサー
・ニコンFマウントの採用
・画像処理エンジンはEXPEED 5
・常温感度は最高ISO51200
・拡張でISO1640000相当に増感も可能
・マルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュールを搭載
・153点AFシステムを踏襲
・中央部と周辺部99点はクロスセンサー
・中央-4EV、その他は-3EVの検出性能を発揮
・連写性能は約10コマ/秒
・バッファメモリは14ビットロスレス圧縮RAWを200コマまで連写可能
・DXフォーマット機初となるXQDカードとSDXCメモリーカードの
 ダブルスロットをボディ側面に装備
・Bluetooth low energyによるスマートデバイスへの常時接続機能を
 有する
 これは他のFX、DX機にはない特徴でありアプリ「SnapBridge」を
 スマートフォンなどにインストールすることで撮影画像を
 自動送信する機能である
 またスマートデバイスからのリモート撮影も可能となる
・動画記録にも対応し4K UHD(3,840×2,160ピクセル)/30pとなる
・電子手ブレ補正も働く(フルHD記録時)
・背面モニターは3.2型約236万ドットの上下チルト式を採用
 タッチAF、タッチシャッターなどのタッチ操作も可能となる
・ボディは炭素繊維複合材、モノコック構造、マグネシウム合金の採用
・外形寸法は約145×115×81mm
・質量は約860g(付属品含む)本体のみは約760g

などなど一気に書いたのでどのくらいすごいのか理解が及ばなかった!

が!

とにかく現在の精密機器の最高峰であることにはまちがいない!

カメラマニアには必須アイテムとなることだろう!

このカメラへの関心も高くネット上ではすでに情報の拡散が始まっている。

3月の発売日が待ち遠しい方も多いであろう。