2016年は「スズキ」の年になるのか!?カスタムカーぞくぞく!

東京オートサロン2016(開催期間:2016年1月15日~17日)が
俄然注目を集めてきた。

2016年に入ってからの自動車メーカーの動きが顕著になり
各メーカーも新型車を投入!

注目はうなぎのぼりである。

btn046_04

その中でも元気なのが「スズキ」である。話題に事欠かない。

スズキは2015年12月25日にオートサロン2016への出展概要を
発表した。

目玉となるのは3車種。

「イグニス ウォーターアクティビティーコンセプト」
「ハスラー ラフロードスタイル」
「アルト ワークス GP」

である。いずれもカスタマイズモデルとなるがどれも
注目度が高い。

とくに「イグニス」などは前評判も高く注目を集めるだろう。

各車の概要は次の通りとなる。

【イグニス ウオーターアクティビティーコンセプト】

001

※http://www.webcg.net/articles/-/33781より引用

ベースとなる「イグニス」は東京モーターショー2015に参考出品され
大変注目を集めた車種である。

今回のカスタマイズは水辺のアクティビティーを好むユーザーをメインに
実施されている。

エクステリアも車体色「マットカーキメタリック」に合わせるように
各所アクセントカラーとしてオレンジを採用している。

このアクセントの使われ方がスタイリッシュでありよく似合う。

インテリアにもイメージに合わせてオレンジとカーキの専用カラー
を施している。

イグニスは非常に注目度が高い。期待の一台になるであろう。

【ハスラー ラフロードスタイル】

002

※http://www.webcg.net/articles/-/33781より引用

今回のカスタムイメージはロッククライミングを代表とした
アウトドアレジャー使用に特化したものとなっている。

車体色も明るい「アクティブイエロー」をベースにしており、さらに
オリジナルデカールで身を飾っている。

インテリアに目を向けるとオリジナルロゴが施されている。

シートやインパネにも採用されていて徹底したイメージ車を演出している。

ハスラーは女性にも人気のある車種だ。ここにアクティブなイメージを
チョイスしてみたようだ。

【アルト ワークスGP】

003

※http://www.webcg.net/articles/-/33781より引用

アルト ワークスは以前、記事にも書いてある車種であり、よりスポーティを
強調された車種である。

今回の展示に向けてはFIMロードレース世界選手権(MotoGP)に参戦する
「チームスズキ エクスター(Team SUZUKI ECSTAR)」のワークスマシンを
イメージしたカスタマイズモデルを全面に打ち出していてよりスポーティな
イメージ戦略をとっている。

カラーリングはMotoGP参戦車両を意識していて、車体においてはカーボン製の
ボンネットを採用している。

もはやスポーティーではなくレーシーをイメージしていると言える。

これは非常に格好いい!!おいくらかしら?
こっそりエンジン周りや給排気系、足回りも改良されているのではないかと
思わせる。

この他の車両では
新型「エスクード」
新型「ソリオ バンディット」
新型「アルト ワークス」
「イグニス」(参考出品)
「ハスラー」
「スペーシア」
などが展示会場を彩る。

とにかく元気な「スズキ」である。今年は「スズキ」の年になるか?

スズキから「アルト ワークス」が発売!すべてが専用仕様で身を固める!

スズキから12月24日に軽自動車「アルト ワークス」が
発売されました!

アルト ワークスは「アルト ターボRS」をベースに
開発され、専用開発の5速マニュアルトランスミッションを
設定しており、足回りも専用にチューニングがされています。

また専用レカロシートも標準装備!!

気になるお値段は5MT車も5AGS車も共通になっていて、
FFが150万9840円、4WDが161万7840円となります。

アルト ターボRSに5MTがなかった為、嬉しいかぎりです!!

しかもレカロシートが標準装備でレーシングマニアには、
嬉しい仕様となっていますね!

001

004

003

002

※http://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20151222-20102706-carview/より引用

 

「アルト ワークス」のネーミングには長い歴史があり
1987年(2代目)~2000年(5代目)にかけて歴代「アルト」に
設定された高性能グレードの名前です!

その「アルト ワークス」の名前が復活したことは
ファンにとってはうれしいかぎりではないでしょうか!?

もちろん開発はマーケットの期待に答えようと極秘裏に
進められていたようです。

 

◆専用開発された5速マニュアルトランスミッション!

もっとも注目されるのはターボRSには設定がなかった5速MTと
なるでしょう。

仕様はショートストロークタイプで、1~4速をクロスレシオ化、
2速にはダブルコーンシンクロを使用しているようで、
ベースとなったのは標準モデルが使う5速MTを新規開発部品を使用して
アルト ワークスの専用開発となっているようです。

気持ちのいいシフトワークが期待されます!

では、ATは標準品かと思われますがそこはきちんと専用開発された
ようでシングルクラッチ式ATのAGSも変速マップが変更され、
変速スピードも最大10%の短縮となっているようです。

 

◆ワークス専用チューンが施されたエンジンや足回り!

ワークスに搭載されるエンジンはターボRSとほぼ同じとなりますが、
ECUをチューニングしていて最大トルクが2Nm増加しているようです。

これに合わせてのエンジン仕様に合わせるように
冷却系サーモスタットの開弁温度が下げられました。
また冷却用のダクトがバンパーに追加され、さらにアクセル操作の
レスポンス遅滞が10%短縮されたようです。

馬力は64psと最高出力は変わらないようです。

足回りは専用サスペンションが設定されているそうです。

前後とも減衰力が最適化された専用タイプのショックアブソーバー、
制御マップを変更された電動パワーステアリング。

ホイールは同じ15インチでありながら、リム幅を拡大されたENKEI製を
採用している(15×4.5J→15×5J)。

 

◆専用装備されたインテリア&エクステリア!

インテリアも専用装備され仕様が変更されていて、
前席に専用開発のレカロシートを装備、5MT車専用フロアシフト/
5AGS車専用インパネシフト、また本革巻ステアリングホイールや、
ステンレス製ペダルプレートなどが専用装着となります。

エクステリアではブラックメッキされたヘッドランプ、
サイドパネルや前後バンパーにも専用のアクセントが入っています。
ホイールも専用にブラック塗装が施され、ブレーキキャリパーも
レッド塗装の専用となっているようですよ!

細部に至るまで専用にチューニングされた「アルト ワークス」!
その名前にふさわしい仕様となっています!!

 

 
◆スペック
【 アルト ワークス 】
全長×全幅×全高=3395mm×1475mm×1500mm
ホイールベース=2460mm
駆動方式=FF/4WD
車両重量=670kg(FF・5MT)、690kg(FF・5AGS)、
720kg(4WD・5MT)、740kg(4WD・5AGS)
エンジン=658cc 直列3気筒DOHCターボ
最高出力=47kW(64ps)/6000rpm
最大トルク=100Nm(10.2kg-m)/3000rpm
トランスミッション=5速MT/5速AGS(シングルクラッチ式AT)
タイヤサイズ=165/55R15

JC08モード燃費=23.0km/L(FF・5MT)、
23.6km/L(FF・5AGS)、22.0km/L(4WD・5MT)、
22.6km/L(4WD・5AGS)

使用燃料=レギュラーガソリン

車両本体価格=150万9840円(FF)、161万7840円(4WD)