トヨタの「ヴェルファイア」「アルファード」が発売2週間で48台受注!その秘密にせまる!

「ロイヤルラウンジ」「ロイヤルラウンジ SP」、あまり聞いた事が

ないネーミングであるがこれはトヨタ自動者の「ヴェルファイア」

「アルファード」のコンプリート車である。

001 002

※http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20160107_738095.htmlより引用

 

トヨタモデリスタインターナショナルからこのコンプリート車について、

48台を受注したことを発表。

 

その期間は2015年12月24日~2016年1月7日の発売後約2週間での販売だ!

気になるこのモデルのお値段はなんと1387万8982円~1546万691円

 

ため息しかでません・・・

 

この「ロイヤルラウンジ」もともと従来モデルの「ヴェルファイア」

「アルファード」でも設定していたそうであり月平均で10台程度の

販売であったと言う。

 

今回発売された同車種においての受注台数について順調な滑り出しと言え、
今後の販売も期待がもてそうとのこと。

 

しかしお値段がすごいですが・・・フェラーリ買えちゃいますね!

 

さて参考までに受注の内訳を見てみた。

アルファードが6割でヴェルファイアが4割とのことである。

外装色は7割が「ブラック」を選択。

 

内装色はブラックとホワイトでほぼ半分ずつとなっている。

 

イメージ的にはホワイトが好みではあるが、薄いブラウン系などはどうであろう?

 

いずれにしてもシックなイメージを追及した結果であり納得の選択だ。

 

モデルは8割が「ロイヤルラウンジ SP」を選択、これはフロント席と

リアキャビンを仕切るフルパーテーションを標準装備したモデルだ。

 

面白い結果があるが旧型は首都圏や大阪、名古屋がメインであったが
新型は地方都市からのオーダーも目立っているとのことである。

 

認知度が高くなったのが一因でもあろう。

 

「ヴェルファイア」「アルファード」ともごついので地方のほうが

走りやすい?とか・・

 

コンプリートモデルであるロイヤルラウンジの装備に目を向けると、
・リアキャビンを2席としたモデル。
・”専用VIPシート”を装備。これはエア圧によって作動する
 リラクゼーションシステムを採用している。
・シートの手元には”集中コントロールタッチパネル”を装備して車内の
 快適装備を操作可能となる。
・24インチ液晶ディスプレイを搭載し「JBLプレミアムサウンドシステム」を
 装備しておりちょっとした劇場なみである。
・生活面でも抜かりがない。「エクストラキャビネット」が設置され冷蔵庫や
 マガジンラックもある。

 

快適性能満載の日本版リムジンである「ロイヤルラウンジ SP」、

一度は乗ってみたいものである。

トヨタのレーシング仕様「S-FR」をオートサロンでチェック!

「東京オートサロン2016」が1月15日(金)~17日(日)にかけて

千葉県千葉市の幕張メッセで開催される。

トヨタ自動車はこれに「TOYOTA GAZOO Racing」として出展を予定。

出展されるのは第44回東京モーターショー2015にて同社から出展された

コンセプトカー「TOYOTA S-FR」を改良したレーシング仕様車

「TOYOTA S-FR Racing Concept」!

001

 

002

※http://news.walkerplus.com/article/69583/image389951.htmlより引用

 

写真を見る限りでは精悍なフェイスでありまさにレーシング!
後ろから見ると大きく張り出したオーバーフェンダー!
トヨタが懸ける意気込みが伝わってくる。

他に“G’s”のコンセプトカー「VOXY G’s Concept」、「NOAH G’s Concept」などを

展示する予定だ。

 

「TOYOTA S-FR Racing Concept」のコンセプトとしては運転者の意のままに反応し、

日常運転においても車との対話を行える・・・そんな操る楽しさを念頭に置き、

これをエントリーモデルに追い求めたモデル「S-FR」をベースにして、

さらに新化させ、サーキットにおいても高い能力を発揮するために

新たに大きく張り出したオーバーフェンダーやエアアウトレットを大胆に

配置したエンジンフード。

大型エアロパーツにおいてはフロントアンダースポイラーやリヤスポイラー、

カナードを大胆に装着!

 

これによりスタイリッシュ&スポーティなスタイルを実現している。

まさにトヨタが提案する「S-FR」の新たな世界だ!

 

第44回東京モーターショー2015に出展された時、実際に市販されるかどうかは

微妙であり市販までには至らないであろうとの大方の意見であったが今回の

意気込みからどうなるかは分からない状態になった。

 

この「TOYOTA S-FR Racing Concept」意外にブースに目を向けると

“新スポーティミニバンの提案”をキーワードにコンセプトカーとして

ヴォクシーに「VOXY G’s Concept」、ノアに「NOAH G’s Concept」を

ラインナップしていてミニバンにも力が入っているのがわかる。

 

また市販車ではないがニュルブルクリンク24時間耐久レースの歴代参戦車両、

2015年にFIA世界耐久選手権(WEC)や全日本ラリー選手権で活躍した

車両なども展示される。

 

トヨタがモータースポーツに力をそそいだ名車ぞろいで目移りすることまちがいなしだ!

「東京オートサロン2016」のトヨタブース「TOYOTA GAZOO Racing」に今から期待大だ!

「S-FR」はぜひとも市販化してほしいところである!

対抗車種はもちろんマツダの「ロードスター」、ホンダの「S660」になるのではないか!

今年は各社のスポーティ車の動向に目が離せない!!

トヨタ自動車が本気でコンプリートカーを生産!

トヨタ自動車がコンプリートカー『86 GRMN』の
商談申し込みを、2016年1月4日から22日まで、
Web限定で受け付けるそうです。

このコンプリートカー『86 GRMN』はトヨタGAZOO
レーシングが開発したようでなんと100台限定で発売
とのこと!

受付後、抽選の上、2月1日から発売されます。

価格は648万円!!

トヨタ86GRMN

※http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=

20151221-00000026-rps-indより引用

 
気になる『86 GRMN』の性能情報ですが、
ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦で培った
技術をフィードバックしており仕様は2シーターの
高性能モデルとのことです。

今回の発売用に給排気系の変更を行うとともに
エンジン内部のパーツの低フリクション化を実施。

これによりエンジンの応答性を飛躍的に向上している
とのこと!

またクロスレシオの6速MTと組み合わせることにより
車のもつ性能を最大限にいかした走りを実現したそうです。

まさにレーシングマシンが公道に舞い降りることに
なりそうですね!
さらにCFRP素材のエンジンフードやルーフパネルと
トランクリッド、クォーターウインドウの採用、
ポリカーボネート製のリヤウインドウなどの
徹底した軽量化と低重心化を実現!!

ボディ剛性は補強材を追加することにより飛躍的な
向上を行うとともに、足回りであるサスペンションを
専用にチューニング!
ブレーキ性能の強化や前後異径タイヤの採用など

「走る」「曲がる」「止まる」

の3つの点においての基本性能の向上を極限まで
追求したようです。

スペックだけでもまさにレーシング!というに相応しい
内容であることがわかりますね!

デザインにもこだわっていて、空力性能に考慮した形状と
なっているようであり、フロントスポイラー&
バンパーサイドフィン、CFRP製大型リヤスポイラーなどの
各種エアロパーツを、徹底的に改善!

これによりスポーティ感のなかに力強を大胆に表現している
ようです。

内装においては専用スポーツシートの採用、
ステアリングの小径化など機能的な部分を追及すると
ともにドライバーの操作性を考慮した作りとなっています。

ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャイン1色と
なるそうで内装色はブラックを基調としています。

まさにコンプリートカーと言うに相応しい内容ですね!

生産は、元町工場の専用ラインを使用し、「匠」の技能を
有する従業員が組み立てるそうであり一台一台手作業に
より製造されるようです。

フェラーリなどに共通するものがありますね!

お披露目は2016年1月15日から17日の3日間、
幕張メッセで開催される「東京オートサロン2016」に出展を
予定しているそうです。

気になる方は足を運んで直に見てみるチャンスです!