ASHADA(アスハダ)モイスチュアミルクの効果と口コミ!評判は?

年齢を重ねていくと、どうしても出てきてしまうのは乾燥、シミ、シワの問題です。

なんとかしようと市販の美容液を使ってはみたけれど逆に肌が荒れてしまった、または敏感肌とわかっているからそもそも使えないなど、お肌のトラブルに対して諦めていませんか?

そんな敏感肌の人の為にも作られている優しい低刺激の乳液、それがASHADA(アスハダ)シリーズの乳液、モイスチュアミルクです。

ASHADA(アスハダ)モイスチュアミルクの効果と口コミや評判を解説します。

敏感肌でも安心!油分で補いもっちりに!ASHADA(アスハダ)の効果とは

美容液を使う上で、敏感肌の人の多くは「肌荒れや発疹が起きないかどうか」に悩まされます。

「肌荒れや発疹が起きないかどうか」には、肌にハリがなくなってきた・・・乾燥、小ジワが気になる・・・肌のシミが目立ってきた・・・などの問題が含まれます。

決して安い買い物ではない美容液を購入したのに、体に合わなくて使用出来ないのでは丸損です。

アスハダモイスチュアミルクの効果とは紫外線吸収剤、鉱物油、シリコン、着色料や界面活性剤といった肌に刺激のある成分を全てフリー、つまり使用していません

更に独自の処方によって乳液でありながらサラッとした軽やかな手触りをしています。

従来の乳液やクリームにあるべたつき、ヌルヌル感が苦手な人や、お風呂上りなのに乳液をつけるとベタベタしちゃって嫌だな、と感じていた人にも嬉しい乳液なのです。

他の人の感想が知りたい!ASHADA(アスハダ)モイスチュアミルクの口コミは?

ASHADA(アスハダ)モイスチュアミルクの口コミは、その乳液らしからぬ質感に賛否が分かれています。

確かに、従来の乳液のしっとり感に「効果がある!」と感じている人には物足りない質感に感じるのかもしれません。

しかし好評の人からはスーッと浸透していく質感、翌朝の違い、敏感肌に関する良い口コミも書かれています。

敏感肌の人の口コミも見逃せません

「白くて柔らかな質感で、ベタつきは少ないのに保湿力が高い!エアコンで乾燥する時期も余裕で過ごせています。」
「肌に浸透する感じがとても感じられて、肌のザラザラ感がサラサラになりました。肌自体が確実に滑らかに、柔らかくなっていくのがわかります。」
「重くない、嫌なニオイもしない、使い心地がとてもいい美容液です。お肌がプリっと、艶がでてきます。」
「敏感肌でもトラブルなく使えています。嬉しい!」
「とろとろとしていて、顔に塗るとすぐにヌルっと感はなくなりました。すぐに乾燥してしまったようで、あまり効果が感じられなかったです。」

この投稿をInstagramで見る

. . エイジングケアにオススメの幹細胞コスメ❣️ . 【ASHADA〜アスハダ〜モイスチュアミルク】 プラセンタの約100倍もの成長因子が含まれいる 「羊膜エキス」 ハーバード大学で発見された世界初の若返り因子「GDF-11」配合で 本来持つ自ら美しくなろうとする「力」を 呼び覚ます事が期待できるエイジングケア乳液✨ . ビタミンC誘導体などの高濃度うるおい美容成分が 与えられた成分をしっかり閉じ込めハリのある透明肌へ 3種のバリア機能を持つ美容成分が 乾燥や外部の刺激からも守ってくれるそう♪ . 軽くて扱いやすいプラボトルで 衛生的で適量を出しやすいポンプ式になっています👍 . 効果的な使い方は2〜3プッシュを手に取り 手の平を軽くすり合わせて体温で浸透力を高め 密着させるようにお顔全体に優しく押さえ込みます 柔らかくみずみずしく広がり、潤いに満たされ お肌がぷるんとしてきますよ❤️ . 手の平への吸い付きがなくなったらなじんだサイン お肌がプニッと柔らぎ、優しく包み込んでくれるような保湿感で、指先がスルンすべるなめらかなお肌に✨ 気持ち良くて思わず触れたくなります . 今の季節は乾燥してキメが乱れたり トラブルを起こしがちなのですが 潤いが持続し安定していて、お肌の調子がいいですよ❣️ ふっくらとしたハリも感じられ 若々しいお肌の必須アイテムですね😉 . @ashada_official #ashada#アスハダ#モイスチュアミルク#エイジングケア#乳液#スキンケア#幹細胞#幹細胞コスメ#バリア機能#アンチエイジング#ホホバオイル#アボカドオイル#スクワラン#ビタミンC誘導体#保湿#ハリ#美容#若見え#若返り#jojobaoil#avocadooil#milkylotion#stemcellcosmetics#stemcell#antiaging#agingcare#skincare#beauty

pandasan(@kobukobusan)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

#アスハダ #モイスチュアミルク . . *ビタミンC誘導体をはじめとする美容成分が、うるおいヴェールで肌に蓋をします。
. *うるおい成分・美容成分をしっかり閉じ込め、日中の外的刺激(乾燥や紫外線)から肌を守ります。
. *無着色、無香料、界面活性剤不使用 . . 薄いピンクのパッケージ プラスチック製の容器なので軽くて使いやすいです ポンプ式なので衛生的で、 手軽に出せるので忙しくても楽で良いです 白くて柔らかな乳液 とろとろと流れるようなゆるさではなく コクがあるようなテクスチャーです 香りはありません 化粧水の後に2プッシュほどを使用します 肌に馴染ませるとしっとりします 手のひらの温度を使って ハンドプレスするようにすると 吸い付くようなモチモチ肌になります ベタつきは少ないながらも 保湿力は高いので エアコンなどで乾燥しがちなこのごろも 余裕で過ごせて嬉しいです クレンジングやローションも使用しているのですが アスハダはラインで使うとより一層 その良さがわかりますね。 #幹細胞 #幹細胞コスメ #ASUHADA

Yuriko Ichikawa(@pineeeeee)がシェアした投稿 –

お得情報満載の特設サイトはこちら
↓ ↓ ↓
19370

3種のバリアで対ニキビ対策にも!ASHADA(アスハダ)モイスチュアミルクの成分特徴

サラっとした使用感、使い心地の良さと効果の口コミが多いASHADA(アスハダ)モイスチュアミルクですが、実際に配合されている成分も、お肌の栄養・健康を考えた研究成果の粋によって作られています。

今や美容液に欠かせないビタミンC誘導体といった美容成分を高濃度配合、そしてその美容成分がしっかり肌に作用するように閉じ込めるうるおいヴェールASHADA(アスハダ)モイスチュアミルクの効果の大きな特徴です。

海外での呼び名は「万能オイル」、保湿・皮膚炎症トラブルに強いアボカド油、紫外線からのバリアや抗酸化作用・アンチエイジングに効果的なホホバ種子オイル、そして皮膚膜を作る為に分泌され、肌の水分・油分バランスを整えるスクワランが配合され、この肌を守るバリア、うるおいヴェールを作り出します。


3種類のバリア機能によって、夜寝る前につけるのは勿論、朝につければ乾燥や紫外線といった外的な肌への刺激から、バリアが1日中守ってくれます。

肌を衰えさせる大きな原因である外的刺激から肌を守り、その上で浸透し、作用していく美容成分によって根本的な肌の調子が整っていきます。

肌本来のターンオーバー力が取り戻され、ダメージが癒されていく事で、ハリ・透明感、肌のキメといった「本来の力」を呼び戻す美容液がASHADA(アスハダ)モイスチュアミルクの効果です。

ASHADA(アスハダ)モイスチュアミルクの使い方

アスハダ・モイスチュアミルクの使い方は、特別難しいものはありません。

通常の美容液と同じく、用法容量をきちんと守って、効果的に肌に馴染ませていきましょう。

さっぱりと洗顔して化粧水で整えた後、2、3プッシュして手のひらに取ります。

これが1回分の適量です。

両手を軽くすり合わせて、手のひらの体温になじませる事で浸透力がUPします。

そして指先に取った乳液を額、鼻筋、頬に置き、手のひらや指先を使ってまんべんなく馴染ませていきます。

ポイントは「ピタッ、ピタッ」と優しく押え込むイメージで馴染ませる事です。

これにより、美容成分がしっかり閉じ込められます。

手のひらや指先に、水っぽさや吸いつきが無くなったらOK、肌に馴染んだ合図になります。

ASHADA(アスハダ)モイスチュアミルクの買い方は?

ASHADA(アスハダ)モイスチュアミルクを購入するなら、特設サイトでの購入がオススメです。

個人フリマサイトなどでより安い価格で販売されている事もありますが、そういった所での購入は保証や安全性の面で不安があります。

特設サイトでの購入は、試しに使い始めたい人向けに「初めての方限定!お試しコース」が用意されています。

このコースでは通常価格5,940円(税込)初回限定で1,584円(税込)の特別価格となります。

また、送料無料・初回分の返金保証もついてきます。

返金保証がついているのは初回限定分の1,584円だけですが、特に敏感肌の人にとっては、「もしも合わなかったら」に対する確かな保証がある=安心感が違います。

どうしてもお肌のハリ・透明感、肌のキメの悩みを解消したい!!!

と少しでもつややかなお肌にしたいと感じたら私が「ASHADA(アスハダ)モイスチュアミルク」で悩みを解消できたようにあなたもチャレンジしてください♪

限定価格で購入可能な特設ページはこちら
お早めにご検討くださいね♪

アスハダ美容品関連についてアスハダ美容液もご覧ください♪。

公式サイト:ashada.jp

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする